消費者金融取立て

MENU

年利の低い借り入れであれば返済金額も小さく済む

お金を借りるに当たって、その後の返済のことを考えた場合、なるべく低金利の融資を受けたいものですが、貸し付けを行う業者によって法律的に定められた上限金利の範疇において、その金利は異なります。

 

銀行系や消費者金融系といった、業態によって設定される金利にも違いがありますので、業者毎の金利の違いなどを調べて考慮の上で融資を受ける必要があります。多くの預金者を背景とする銀行系の融資の場合、潤沢な資金を元に比較的低い金利にて融資を行っています。

 

銀行は貸付業法の総量規制の対象とはなりませんので、消費者金融を始めとした他の貸金業者よりも多くの資金を低金利で貸し付けしてもらえるといった点も特徴的です。

 

低金利の融資という場合、民間の銀行や消費者金融以外にも、公的に貸し付けを行う制度があり、低所得者世帯に対する経済的自立の支援を行うために、無利子または低利子でお金を貸し付ける制度のひとつに「生活福祉金貸付制度」というものがあります。

 

対象は低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯といった世帯となり、連帯保証人を立てられる場合は無利子にて、連帯保証人がない場合でも年利1.5%という非常に低い金利で貸し付けをうけることができます。

金利と審査の関係を知っておく

低金利でのキャッシング、カードローンは誰もが利用したいもので、借りられれば利息負担が小さいために計画的に無理なく支払いを続けていくことが出来るようになります。
単純に申し込み者も多いことになり、業者側としては貸し付けを行う顧客を選ぶことが出来るのです。

 

信用情報に少し問題のある方、年収と借り入れのバランスが良くない方は低金利カードローンキャッシングの審査で落とされる可能性もありますので、ある程度の信用情報、或いは年収のある方を除いては無闇な申し込みは避ける方が良いのかもしれません。

 

金利が高いとしても無利息サービスによって返済負担が減らせる盛岡の即日融資アコムのような借り入れもあるので、金利はもちろん重要なのですが返済の負担といった面で見ることも大事なのです。