消費者金融取立て

MENU

債務整理には任意整理という方法もある

任意整理という債務整理の方法があることは広く知られていますが、実際にどのようにして借金を整理するのかということについては詳しく知らない方も多いかもしれません。

 

任意整理というのは、裁判所を通さずにお金を貸している側と借りている側が話し合い、毎月の返済額を減額してもらうとか、そもそもの借金を圧縮してもらう方法です。大きな借入れ額があり、返済困難な状況に陥ってはいるものの、返済するという意思がある場合にこの任意整理を利用することになります。

 

任意整理を行うには弁護士に相談することが最も効率が良いです。何故なら、お金を貸している貸し金業者などは法律に関しても詳しい人材が揃っていることが多いですから、何の知識もない人が任意整理をお願いしたいと言っても聞き入れてもらえない可能性があるからです。

 

弁護士に相談をするには、借金を何処から借りていて、総額でいくらあるのか、いつから借りているのか、相手の連絡先などを一覧表にしてまとめておくことが大切になります。

 

この他にも、請求書や領収書、自身の収入を証明する書類などを持参すると話もスムーズに進むことが期待出来ます。弁護士に正式に依頼をすることで借金の取り立ても止まることになりますので、返済ができなくなった場合や、できなくなる恐れがある場合は早めに相談をしたいものです。
自己破産よりも手軽な手続きで借金整理が出来る任意整理で解決を進めましょう。