消費者金融取立て

MENU

実際の借り入れに関しては独立系も銀行系も違いは無い

ネットで申し込むキャッシングサービス

消費者金融の会社はいろいろありますが、近頃は銀行の名前の個人向け少額融資に関するテレビCMなどもよく見かけるようになりました。この銀行系の金融会社とは、いったいどのようなものなのでしょうか?よく考えてみれば銀行だって立派な金融業者であるはずで、当然融資も行っています。

 

カードローンのATMよりもずっと先に、銀行のATMは世間一般に広く普及していたはずです。それではなぜ、今更消費者金融に乗り出すことにしたのでしょうか。まず銀行が行っている融資についてはよく言われるように低金利ですが審査が厳しく、住宅ローンなどの目的に沿った貸し付けを行うことがメインとされています。

 

顧客には個人だけではなく法人も多く、同じ融資といっても金融会社の持っている情報や顧客とはまったく別のラインで動いています。この中で銀行がもっと気軽にキャッシングをして欲しいと考えた時に、消費者金融会社と手を携えて銀行系の消費者金融会社を立ち上げることになったのです。

 

つまり、銀行名のキャッシングは銀行と消費者金融の会社の提携企業であることが多いのです。銀行系だけに金利はやや抑えている傾向にありますが、そのシステムはほとんど消費者金融の会社と変わるところはありません。

大手に分類される独立系消費者金融は少ない

今現在、大手とされる消費者金融はプロミス、アコム、アイフル、モビットあたりがあげられるでしょう。
プロミスに関しては正式には会社名ではなく、ブランド名が「プロミス」のSMBCコンシューマーファイナンスとなります。

 

このうち、銀行系や銀行グループとなるのがプロミス、アコム、モビットであり、アイフルのみは今現在で独立系の消費者金融となります。
借り手側としては特に違いはないのですが、はじめてキャッシングを利用する際の安心感や信頼性を考えると銀行系の人気が高くなっているので、借りる際には銀行のグループの消費者金融から選ぶのも良いことでしょう。